居心地のいい職場

オフィスの環境を整えて、快適に働くブログ

おすすめの本1「町工場の娘/諏訪貴子」主婦が突然社長になった話

お片付けで子育てママ・働く女性を笑顔に!
兵庫・姫路の企業内整理収納マネージャー笹田奈美子です。

 

今日は、私が読んでみてよかったなと思う本を紹介します。

 

f:id:cozyroom:20180905092535j:plain

 

町工場の娘 諏訪貴子:著

 

昨年末NHK「ドラマ10」で「マチ工場のオンナ」として連続ドラマにもなった話です。

町工場を営む父が突然亡くなって、今まで主婦だった娘(著者)が突然会社を継ぐことになり、色々な壁にぶつかりながら会社を建て直していく。という実話。

出てくる会社はドラマでは「ダリヤ精機」という名前に変えてあったけど、実際には「ダイヤ精機」として東京都大田区に実在するゲージ製作の会社です。

 

※ゲージとは、製品が規定どおりに作られているかどうかを検査する器具のこと。

 

私は先にドラマを見て、面白いな!と思って書籍を購入したんですが、会社建て直しのストーリはもちろん、社内統率の難しさ、夫婦間の仕事・家庭のバランスなどの話も出てきて、それがとても興味深い。

 

社内の「整理整頓」「ムダ取りの工夫」

このアイデアも沢山出てくるのですが、注目すべきはその導入手法。
いかに社員から声を拾って、みんなを巻き込んで、導入していったか、社内の意識がどう変わっていったか?が描かれていてね、私は先にドラマの方を見たので、そのイメージをもって本を読めたのが余計分かりやすかったです。

 

ちなみに、亡くなる社長役が館ひろし、 ベテランの年配社員に竹中直人柳沢慎吾、会社を継ぐことになるオンナ社長役が内山理名という配役でした。
急に新しいことを始める若い社長に

「こっちは長年このやり方でやってんだよっ!素人が口出すなっ!」

ってベテラン社員(竹中直人)が怒鳴るシーンなんて、5S導入でよくある風景では?

 

ドラマの方もまた再放送しないかなーなんて思う私です。

 

ちなみに、社長の諏訪さんは今では経済産業省の委員を務められたり、日経ウーマン主催の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」などを受賞されたりというすごい方になられているのだけど、この本を読んでいると、そうなるまでの苦労の道筋が分かるので、すごく共感を持てるのです。

いつか諏訪さんの講演会とか、聞きに行ってみたいなあ。

 

中小企業の製造業で改革を目指している会社なら、かなり参考になる話だと思います。良かったら、読んでみられてはいかかでしょうか?

 

本日もブログ読んで頂き、ありがとうございました。


---

 

応援のクリック頂けるとうれしいです
にほんブログ村 コンサルタントブログへ

 

@lineで、お片付け情報を配信しています(月1ペース)
スマートフォンでご覧の方は下記ボタンをクリックして、ご登録ください。
aline.png
ID検索 : @ykn4285f
登録後に一度メッセージ送信下さいね^^

instagram.jpg
インスタグラム : @cozyroom.and.life

●整理収納アドバイザー2級認定講座
9/30(日)姫路・県立武道館研修室【1日講座】
10/17(水)姫路・県立武道館研修室【1日講座】
10/28(日)明石・生涯学習センター【1日講座】
講座の詳細はコチラ★

●cozyroomのオフィス環境改善サポート
探しものゼロ!ストレスフリーな職場環境を目指しませんか?
詳細はコチラ★

●cozyroomのおうちお片付けサポート
お客様が続けられるお片付けを考えながら、一緒に進めていきます。
一時的な片付けで終わりたくない方に。
ただ今の空き状況→9/13,18~
詳細はコチラ★